野外手帖

2006 / 05
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫06

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

ミヤマキリシマの季節、今年は?

2006/05/31(Wed) 18:27
5月も今日で終わり、休日出勤が多かったためかあまり収穫のない月でありました。さて明日からは6月、当然ミヤマキリシマが中心となるわけですが最新情報によるとどうも他の花と同様、開花が遅れているみたいです。それに加えシャクトリ虫による食害が今年ひどいようです。薬剤散布という手もあるのですがそれをやると天敵まで殺すそうなので自然の摂理のまま楽しむ以外方法がないみたいですね。


昨年は10年に1回の当たり年、撮影適期と休日と天気の三拍子揃った個人的にも10年に1回レベルの年でラッキーでした。そのときの写真をUPしますので見てやってください。
miyamakirisimahizidake.jpg
撮影日2005年6月8日、九重山系平治岳のミヤマキリシマ群落、中景はこのごろラムサール条約に登録された坊がつる湿原、後景は三俣山、久住山、中岳など九重山群を代表する山が並んでいる。
スポンサーサイト
山岳 コメント:5 トラックバック:0

山吹水源の山野草

2006/05/30(Tue) 18:08
九重町の鳴子川渓谷に建設中の大吊橋の名称がこのほど「九重夢大吊橋」に決定した。日本全国から5890点の応募があったらしい。私もその中のひとり。意外とシンプルなんですね、私の作品なんか、やたら形容詞を並べ立てこれでもかという感じだったんですが・・・いやあ恥ずかしい限りです。それだけならまだしも獲得した賞金でデジ一を買おうかと計画を立てたりと・・・情けないといったらありゃしない・・・はやく忘れることにしよう。ところでこの橋、完成すれば長さ390m、高さ173m、歩く吊橋としては日本一になるとのこと、世界一の可能性があるため町ではギネスに登録したいとのことです・・・今秋はたいへんな賑わいになりそう。


yamabuki.jpg
山吹水源で見つけたヒメレンゲ、黄色が目に眩しい・・結構群落で咲いていた。



yamabuki2.jpg
名前はわかりません。どなたか教えていただければうれしいです。撮影場所は産山村の山吹水源、扇田から5分くらい、池山水源ほど知られてはいませんが、知る人ぞ知る隠れた産山の名水です。
コメント:2 トラックバック:0

産山村扇田

2006/05/29(Mon) 19:35
昨日はとても忙しい一日であった。16人ものお客を迎えての軽いお食事会・・・我が家では時々、こうしたことを行なっているのですが一度にこれだけの人数は稀・・・でも楽しいものです。写真以外の話を聞けるのも刺激があるし・・・まあ受けるより与えるほうが幸福ってことですね・・・これからも、もてなしの精神で楽しく日々過ごしてまいりたいと思います。でも後片付け半端じゃあなかったなあ・・・・・・・・


oogida.jpg

oogida2.jpg


oogida3.jpg

oogida4.jpg

oogida5.jpg

oogida6.jpg

撮影地は産山村の扇田、その名の通り、扇状に広がる地形を活かし作られています。先人たちが長い年月をかけ築き残してきた汗と涙の・・・ですね。現在、全国棚田百選に選ばれています。
田園風景 コメント:3 トラックバック:0

霧景

2006/05/28(Sun) 17:50
rinndoumukei.jpg

akamatubayasi.jpg

rindoukoubou.jpg

rindoukoubou2.jpg
撮影地:佐伯市宇目
自然 コメント:2 トラックバック:0

FRIENDLY

2006/05/27(Sat) 16:54
今日は久しぶりの休日とあって前日から歯を研いでいたのですが、昨夜は仕事の遅れから深夜残業となってしまったのです。出ばなをくじかれたかたちとなりました。こうなってくるともうやる気が出ないんですね・・・6/3に備えて足慣らしやっておきたかったのですが・・・ぶっつけ本番だあ・・・足攣らなければよいが・・・とか、皆の足引っぱって迷惑かけなければよいが・・・などと余計なことばかり考えてしまう。まあ今日は陰鬱な雨日だから諦めもつくけど・・・


125_2504.jpg
80年代にイギリスで活躍したデザインアート集団にヒプノシスというのがいるのですがこれが大好きで若い頃はかなり影響を受けたものです。おもにアルバムジャケットを手がけていたのですが・・・ピンクフロイドで使われていた牛の写真などは印象的でした。私も少し意識しながら久住高原の牛を撮ってみましたがいかがでしょうか?人に危害を加えないのはわかっていても近づいてくると後退りしてしまいますね。
生き物 コメント:2 トラックバック:0

初夏の使者

2006/05/26(Fri) 09:38
昨夜、一匹のホタルが舞っているのを見かけました。
もうそんな季節になったのですね・・・勤務中の休憩時間だったので良い目の保養となりました。しかし不思議ですねえ、自ら光を放つのですから・・・バイオミメティックスということば聞いたことがおありでしょうか?自然界にある設計を模倣しようとする科学分野のことですが・・・たとえばライト兄弟が鳥を研究して飛行機を設計した話は有名ですよね。詳しいことはわかりませんがホタルなどの発光動物も研究されているんでしょうね・・環境的にもやさしそうだし・・・そういえば光るキノコなんていうのもありましたね・・ところで町内には全国名水百選に選ばれ源氏ボタルの生息地として知られる白山川というのがあります。昆虫写真家の栗林慧氏も撮影で長期滞在されたこともある川なのですがここが今から見ごろになります。人と車で大混雑しますのでゆっくり撮影というわけにはいきませんが、今年もホタルウォッチングを楽しみにしています。







kinoko.jpg
これは光るキノコではありません。九重山中で見つけました。一歩野外に出れば宝探し、注意深く観察すれば被写体の宝庫。
自然 コメント:3 トラックバック:0

今年は裏年?

2006/05/25(Thu) 10:47
昨夜は午前0時45分帰宅、1時過ぎに床に就く。4時20分携帯のアラームで飛び起きる、窓の外を見るが霧が出ている気配がない。一応、町内の様子を確認してから宇目に向かうかどうか判断しているのだが何年も通っていると大方予測ができるようになった。100%確実とはいえないが・・今朝はどうやらダメなようです。明日からは天気下り坂だし今週は空振り三振に終わるのであろうか?


mimatayama.jpg
今年は九重連山のツクシシャクナゲの情報が入ってこない。例年だと今くらいが最盛期を迎えるのだが・・・上の写真は昨年5月15日に三俣山(1745m)で撮影したものだが表年で少し張り切りすぎたのかも・・・今年は花も休憩といったところなのか・・・・・

mimatasyakunage.jpg
2005年5月15日、三俣山大鍋小鍋にて。背景は玖珠富士、涌蓋山。
山岳 コメント:6 トラックバック:0

心和む風景

2006/05/24(Wed) 10:13
今週は夕勤の週(夕方からの勤務になるのでそう呼びます)つまり午前中がフリーなので早朝撮影が可能になるわけです。天候に恵まれれば毎日でも写真を撮りに行けます。これから梅雨にかけて宇目の林道に雲海が発生しやすくなります。家から30分と近いので地の利を活かし傑作をものにできるよう機会を窺ってまいりたいと思っています。



田植えの季節です。別の目的で移動中、偶然にこの場面に出くわしました。見知らぬ人にカメラを向けるのは苦手・・・仕事中ではなおのこと・・・ですが早朝の低い光が田んぼに反映し非常に印象的なシーンであわてて三脚をセットし撮影しました。出会いに感謝、撮らせて頂いて感謝です。



nousagyou.jpg
撮影場所  竹田市久住町
田園風景 コメント:2 トラックバック:0

カモの楽園

2006/05/23(Tue) 10:46
豊後大野市緒方町の荒平の池に生息するカモの写真をご紹介します。家から20分と近場にあるため度々訪れます。通常は人間には警戒心を抱いているので撮影となると望遠何ミリ使用とかなるのでしょうが、ここのカモは人間に慣れすぎていて標準レンズで十分なのであります。誰かが餌付けたのかもしれませんが・・・・すぐそばまで寄ってきますので撮影には好都合、地元のアマ写真家の方々も多数訪れるようです。


20060523102637.jpg
一回の撮影で最低200枚は撮リます。下手な鉄砲何とかでこのような姿を捉えることができました。互いにコミュニケーションをとっているように見えます。池の色も緑で早朝にPLフィルターをかけるととてもフォトジェニック、カモが浮き上がって見えます。



arahiranoike.jpg

餌をまくとご覧の通り、我先にと群がって本能のまま貪欲さを発揮します。
生き物 コメント:2 トラックバック:0

千町無田水田公園

2006/05/22(Mon) 12:49
九重連山を背景に休耕田を利用し湿性草花を育てている千町無田水田公園に行ってきました。睡蓮の撮影が目的だったのですが管理人の話では今年は少し開花が遅れているとのこと。現在、カキツバタや菖蒲が見頃となっていました。


20060522123538.jpg
水面に映りこむ花にカメラを向けた。



20060522124008.jpg
蓮の沼にて撮影、逆光で狙うとフォトジェニック!開花は7月の下旬からだそう。



20060522124534.jpg
咲き始めた睡蓮、花期は長く9月まで楽しめるのでまた訪れてみようかと思います。
コメント:0 トラックバック:0

くじゅう野の花の郷

2006/05/21(Sun) 21:13
今日は飯田高原のくじゅう野の花の郷と千町無田水田公園をまわってきました。野の花の郷は希少野生植物を中心に育てている野草園でよく利用させてもらっています。山に登って見つけられなかった花などここに来れば咲いてたりしますので大変助かっています。


20060521210229.jpg
環境省が平成7年2月に国内希少野生植物に指定した当園が最も力を入れ育てているハナシノブという名前の花です。



20060521210655.jpg
サクラソウ  絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。




20060521210900.jpg
スズラン  山地、高原の草地に生える多年草です。


明日は千町無田水田公園の写真をUPする予定です。
コメント:2 トラックバック:1

水と光の旋律

2006/05/20(Sat) 16:42
県内トップをきって万年山のミヤマキリシマ情報が入ってきた。今年は虫害がひどく壊滅状態とのことらしい。くじゅうが心配になってくる、というのも6月3日に職場の仲間と大船山登山を計画しているからだ。細心の注意を払って最新の情報に通じていたいと思うこの頃であります。今日は深夜明け日、睡眠負債を抱えているのでゆっくり休養をとった。明日の休日は五月晴れとの予報、午後から時間が取れるのでぶらっとしてみようかと思います。


20060520163256.jpg
菊池渓谷黎明の滝近くの柱状節理、大雨が降ったあとにこのような小滝が幾筋かできる。



hikari.jpg
同渓谷広河原付近で撮影した光芒。7月から8月にかけてよく発生する。
渓谷 コメント:3 トラックバック:0

水の魔術

2006/05/19(Fri) 16:17
久しぶりに晴れ間が広がった。気分が良いので町をぶらぶら・・・新車の発表展示会に寄ってみた。今の車は13年目、おまけに車検も近づいている。見てると欲しくなるんですね、目の欲望ですね・・・・会場でご馳走になったコーヒーのせいで眠れなくなってしまった。デリケートな体質なので困ってしまう、もう一晩仕事があるというのに・・・鞭打って頑張らねば。




20060519160904.jpg
宝石の輝き


露玉は格好のモチーフ、造形の美しさに魅了される。



自然 コメント:1 トラックバック:0

美と巧妙さ

2006/05/18(Thu) 16:52
仰向けで寝られない理由が二つある。一つは無呼吸症のため、もう一つは金縛りにかかりやすい傾向があるためです。双方とも不愉快極まりないもの、うつ伏せ状態ではそのどちらもが解消されるので数年前から実践しています。今日も一日穏やかな雨天、ぐっすり眠れた。


20060518163425.jpg
マクロレンズを通して観察すると思わぬ発見があったりする。小宇宙を感じさせるような秩序正しさや美しさ・・・・タンポポの綿帽子も例外ではない。生存を続けるため、広範囲に種を落とすためパラシュートのような付属物によって飛散してゆく・・・どうしてそんな知恵が備わっているのだろう?自然界は興味深いことがらで満ちています。
コメント:2 トラックバック:0

太陽のある風景

2006/05/17(Wed) 17:29
今日は朝からずっと雨、こんな天気が続いています。週末にかけては梅雨前線の活動が強まる恐れがあるとのこと、台風1号が近づいているというし。ミヤマキリシマ開花、遅れそうですね・・・影響受けそう・・・



20060517172107.jpg
佐伯市宇目緑資源幹線林道にて


私たちは毎日、太陽からの恵みと様々な恩恵にあずかっています。それらの壮大な寛大さを当たり前のものとみなすか、それとも貴重な贈り物に対して感謝の気持ちを持つべきか・・・・・・・
自然 コメント:0 トラックバック:0

新緑の舞

2006/05/16(Tue) 17:50
今年の秋に完成予定の九重町(九酔渓の近く)大吊橋の名称を募集していたので応募してみました。採用されれば賞金15万円、捕らぬ狸の何とかではないですがあれこれと思い巡らす自分がいます・・・金銭欲があるわけでなし、物質主義でもなし・・・・・なんだろう?



記事と写真は関係ありません




File0001.jpg

渓谷 コメント:2 トラックバック:0

驚異の設計

2006/05/15(Mon) 18:30
今週は深夜勤務の週、睡魔との格闘になるわけです。集中力を持続させるには睡眠のとり方が関係してきます。昼と夜の二回に分け断片的ではありますが固定化した睡眠の型を築くことにより生活のリズムを保つようにしています。しかし年齢とともに順応性がなくなりつつあるのも事実、やはり人間ていうのは夜に寝るようになっているのかなあ?

20060515181758.jpg

クモの巣の美しさに見とれたことがおありでしょうか?美しいだけではないようです。専門家によると漁船で使う網のサイズまで拡大したら飛行中の旅客機を捕らえることができるようです。設計上の驚異といえるのではないでしょうか。
生き物 コメント:2 トラックバック:0

意欲あふれる280点

2006/05/14(Sun) 16:29
今日は大分市の県立芸術会館に「2006春季県美術展」写真展の鑑賞に行ってきました。今年は一般の部に114点、会員の部に141点、招待会員の部に25点が展示され雄大な自然、人物、祭り、人工物などバラエティに富んだ作品を見ることができました。
20060514154836.jpg

一般の部の県美展賞受賞作品です。山岳写真は審査員に受けが悪いようですが、撮影の大変さをもっと理解してほしいものですね。(笑)夕方の斜光線が効果的です。作者の粘り勝ちですね、おおいに参考になりました。
20060514160426.jpg

会員の部の作品です。思わず足が止まります。
20060514160723.jpg

招待会員の作品です。モノクロが多いのですがデジタル化の時代にあってすごく新鮮味があります。技術力の高さに敬服いたします。
20060514161916.jpg

今回の全280点中、個人的に一番気に入った作品です。稀有ともいえる出会いを自分の視点で捉えた感性は見事、作者に拍手です!
未分類 コメント:1 トラックバック:0

奥嶽川甌穴群

2006/05/13(Sat) 17:01
今日は休日出勤、忍耐ですね。釣りバカの浜ちゃんみたいに「写真撮りに行くので休みます」とも言えないし・・・朝、阿蘇仙酔峡のミヤマキリシマの映像が流れていました。もう7分咲きくらいでした。早いですね、今年の九重はどんなでしょうかね?楽しみです。



20060513165532.jpg

川底の岩盤(花崗岩かな?)が水の流れと石ころに侵食されこんな形に
20060513165912.jpg

豊後大野市緒方町上畑、奥嶽川にて
渓谷 コメント:0 トラックバック:0

新緑萌える

2006/05/12(Fri) 17:58
5月といえば新緑の季節、今日ご紹介するのは宮崎県五ヶ瀬町荒谷の白滝です。
大分県にも素晴らしい滝はたくさんありますが、ここ白滝の良さはもみじとの絡みが抜群であることです。フォトコンでも数多く出品され全国レベルの滝となっています。紅葉の写真で有名ですが今日は新緑との競演でご覧ください。
20060512174835.jpg

午後からの光線で緑がより一層鮮やかに表現できます。
20060512175540.jpg

谷に降りての撮影、ここからは広角レンズが使えます。(2004.5撮影)
コメント:2 トラックバック:0

水田模様

2006/05/11(Thu) 17:41
県外情報を一つ。今の時期、気になる場所があるのです。熊本県南阿蘇の白水村(もう村ではなくなっているかもしれませんが)の水田風景です。いつか何かの雑誌で紹介されていたのを見て以来、これはなんとしても行かねばと思い念願かなって3年前、撮影に成功することができました。日の出1時間くらい前から待機して朝焼けに染まった雲が水田に反射した見事な光景をカメラにおさめることができました。
20060511173148.jpg

200ミリまでの望遠レンズがあれば十分だと思います。薄暗い時間帯なので頑丈な三脚は必携です。チャレンジしてみてください。
田園風景 コメント:0 トラックバック:0

霧が見せる夜明けのドラマ

2006/05/10(Wed) 18:18
毎日、梅雨を思わせる鬱陶しい日々が続いております。会社の往復だけでは何の収穫もありません。生活には不快かもしれませんが風景写真家にとってはチャンスでもあるのです。今頃から7月にかけては晩秋にも劣らないほどの雲海が発生しやすい気象条件が揃うからです。これから折をみて撮影に出かけますので楽しみにしていて下さい。
11.jpg

佐伯市宇目、緑資源幹線林道にて撮影。県内屈指の雲海撮影地としても知られています。
10.jpg

昨年、ふるさとの四季フォトコンテストで立木義浩審査員特別賞を頂きました。現在、トキハのTVCMにて放映中です。
雲海 コメント:2 トラックバック:0

麦畑 風の軌跡

2006/05/09(Tue) 20:25
この時期、車で田舎を走っていると麦畑が気になってしかたない。風でなびく様子や強風で倒れてミステリーサークルみたいな造形を形作っているものなど・・・・癒されますね。

1.jpg

スローシャッターで風を表現してみました。
2.jpg

豊後大野市清川町にて撮影
田園風景 コメント:0 トラックバック:0

鷲掴み

2006/05/08(Mon) 16:24
GW最終日の今日、男池から黒岳(九重山系)に登る予定だったのですが生憎の悪天により断念しました。以前に撮ったもので申し訳ないですが男池周辺の写真をご覧ください。(県内の写真愛好家のなかではよく知られた被写体です)タイトルをつけるなら「鷲掴み」といったところでしょうか。
3.jpg

ケヤキの巨木が大岩に挑もうとする様はとてもフォトジェニックで写欲がそそられます。
4.jpg

山岳 コメント:2 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

イチヤン

Author:イチヤン
↓CLick!
人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ
にほんブログ村







TweetsWind

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。