野外手帖

2006 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

朝露の詩

2006/08/31(Thu) 11:31
asatuyunouta.jpg

エノコログサ、別の名をネコジャラシという。まあどこでも見かける雑草なのだが朝露を纏った様は超一級の被写体(いつもオーバーだなあ・・・)となるのである。

今日は朝から涼しい風が入ってきてとても過ごしやすい。このままいっきに秋というわけにもいかないのだろうけど・・・・待ち遠しいのである。北海道あたりは紅葉そろそろ始まるのではないでしょうかね・・・
スポンサーサイト
自然 コメント:12 トラックバック:0

鱗雲

2006/08/30(Wed) 10:25
urokogumo.jpg
久しぶりに宇目の林道(緑資源幹線林道)の写真を一枚、この日は雲海も見事だったのだがそれ以上に凄かったのが鱗雲・・・空全面に広がってフォトジェニックだったのである。欲張り構図にならないように雲海は抑え気味にし雲を強調してみた。
自然 コメント:14 トラックバック:0

トトロの森

2006/08/29(Tue) 08:30
宇目の田原地区には宮崎駿監督「となりのトトロ」のアニメから抜け出たような風景があるのでご紹介しましょう。

20060829081039.jpg
ととろのバス停・・・本物の大分バスの停留所「ととろ」です。一日3便しかありませんが普通に運行しています。
20060829081722.jpg
メイとサツキも・・・休日ともなると多くの観光客が訪れる。

20060829082016.jpg
ととろの森・・・ととろ人形が並ぶ・・・願いやメッセージが書かれている・・・ほとんど絵馬状態。

20060829082320.jpg
今は懐かしい丸ポストもいい雰囲気だ・・・

nekobasu.jpg
猫バス・・・顔を出して記念撮影も・・・スミマセン・・・勝手に撮っちゃいました。あまりに良いモデルだったので・・・
人工物 コメント:18 トラックバック:0

自然の博物館

2006/08/28(Mon) 11:20
宇目きっての景勝地、藤河内渓谷お届けしています。
huzikawachu53.jpg
吐合付近にて・・・・花崗岩の白とエメラルドグリーンの水が目に眩しい。
huzikawachi61.jpg
天然のアート・・・

huzikawachi68.jpg
頭上では緑が輝いている。

hagurotonbo.jpg
ハグロトンボを見つけた。動物天国でもある・・・

hyoutannbuchi.jpg
甌穴群の発達は素晴らしいものがある。ひょうたん淵付近での撮影だが自然の偉大さに圧倒される。


3日間にわたるお付合いありがとうございます。まだまだご紹介したいところたくさんありますが一先ず藤河内夏レポート閉じたいと思います。明日は宮崎アニメでもお馴染み「ととろの森」へとご案内します・・・では・・・
渓谷 コメント:11 トラックバック:0

美宿る

2006/08/27(Sun) 15:23
昨日から夏の藤河内渓谷お届けしています。

huzikawachi7.jpg

まだ紅葉の季節ではないのだけど・・・
fuzikawachi65.jpg
緑渓。   癒されるなぁ・・・


huzikawachi77.jpg
長いこと通っているがこれは初めてのアングル、少々危険を冒したが・・・無事でよかった(笑)

huzikawachi40.jpg
木漏れ日射す渓谷内、一帯は天然のクーラー・・・夏であることを忘れさせる。


まだまだ続きますよ・・・また明日です・・・ではまた。
渓谷 コメント:11 トラックバック:0

藤河内渓谷

2006/08/26(Sat) 17:26
今日は久しぶりに土曜日休日の日、朝から宇目の藤河内渓谷に行ってきました。独断と偏見で決めさせてもらえれば文句なく大分県ナンバーワンの美渓、いや九州本島ナンバーワンといっても過言ではないだろう。ここの渓谷の特徴は1枚岩から成る花崗岩が8キロにも及ぶという筆舌に尽くし難い、いくら形容詞を並べ立てても表現できない素晴らしさにあるのではないかと思います。特に甌穴群の造形美は息を飲むほど・・・20060826170932.jpg
千枚平にて。渓床をなめるように流れる・・・

20060826171406.jpg
エメラルドグリーンの渓谷。

20060826171939.jpg

今日から数日間にわたって写真UPしていきますのでどうぞお付き合いください・・・
渓谷 コメント:14 トラックバック:0

白水の滝

2006/08/25(Fri) 13:27
hakusuinotaki.jpg
白水の・・・とか白糸の・・・とか名のつく滝って全国にどれほどあるんだろう・・今日ご紹介するのは大分県を代表する白水の滝です。荻町の陽目渓谷の最奥部にあって別府湾にそそぐ注ぐ大野川の源流に位置しています。高さ、幅ともに38mの滝で水量が多いのが特徴・・・風圧と飛沫でなかなか近くまで寄れない・・・明治38年に白水井路が完成するまでは100mに渡って湧水が飛び散り日本一の飛泉とたたえられたそうである。
コメント:19 トラックバック:0

夜明け

2006/08/24(Thu) 09:20
yuhuinasa.jpg
九州横断道路の蛇越峠からの撮影、湯布院の町灯りが宝石箱のように綺麗な朝だった。
自然 コメント:18 トラックバック:0

きずな

2006/08/23(Wed) 13:02
kizuna.jpg
ある田舎の廃校となった小学校の正門前に建っていた・・・家族とは本来こうあるべきだなあと考えさせられる像であった。ここにも日本の正しい小学校があったのだ。最近、二ノ宮金次郎の銅像見なくなったけどあれはあれで日本人の模範のシンボルだったのである・・・
人工物 コメント:2 トラックバック:0

イワタバコ

2006/08/22(Tue) 13:54
iwatabako.jpg
イワタバコ、漢字に直すと岩煙草となります。葉っぱが煙草の葉に似ているというだけで付けられたんですね・・・夏の渓谷、渓流を代表する清楚な花でこの花を知る10年くらい前までは私にとっては憧れの花でもあったわけです。紫色をした星形の花はとてもフォトジェニック・・・アップのほうが魅力が伝わると思いますのでネットでお調べになって見られるのをお勧めいたします。今日の写真は菊池渓谷での撮影ですがこれだけの群落で見られるのは極稀だと思います。レンズが少し曇っているのは外気温との差が大きく湿度が高い為・・・そのまま撮ってみました。
コメント:11 トラックバック:0

ヒゴタイ公園

2006/08/21(Mon) 14:08
昨日は池山水源に水汲みへ、10分と離れていないのでヒゴタイ公園へ寄り道してヒゴタイの咲き具合を見に行ってきたのであるけれどほぼ見頃といっていいのかな?今月一杯は楽しめそうだけど・・・

20060821135641.jpg


他にもこんな花たちが迎えてくれた↓
20060821135824.jpg
オミナエシ

20060821135920.jpg
ミソハギ

20060821140037.jpg
マツムシソウも咲き始めていた。他にもマリーゴールド、クレオメ、カワラナデシコ、ユウスゲなどが高原の風に揺られていた・・・

20060821140431.jpg
展示室にて。次にここを訪れるのはコスモスの頃かな?ではまた・・・
コメント:11 トラックバック:0

 池山水源

2006/08/20(Sun) 21:18
大雨洪水警報が出る中、午後からのひととき妻と共に大分熊本県境の池山水源からヒゴタイ公園を回ってきました。いつもの如く時間がないのでバタバタであったが・・・主な目的は少しでも美味しいコーヒーを飲むためには先ずは水からという妻のたっての希望によるもの・・・ヒゴタイ公園はヒゴタイの開花状況を知るため・・・(こちらは後日UP)20060820210133.jpg
九重山系の湧水、日本名水100選に選定されている池山水源。


20060820210458.jpg
水源は池となっている。毎分30トンという。透明度の高さに驚かされる。


20060820210904.jpg
清らかなせせらぎ・・・清涼飲料の加工原水、酒や焼酎の原水としても用いられているとのこと。


20060820211242.jpg
樹齢200年以上だという杉にも囲まれている・・・標高800mに近いこともあって夏場は避暑に最適!
自然 コメント:4 トラックバック:0

風のいたずら

2006/08/19(Sat) 18:22
kazenoitazura.jpg
ミステリーサークルは人間の手によるイタズラであったのか?自然現象によるものであったのか?結論は出たのでしょうか・・・こちらは明らかに人為的なものではない・・・

台風10号による被害状況が明らかになってきた。総雨量は宇目で304ミリ、蒲江で268ミリと県南を中心に大雨となったようである。このブログでもたびたび登場する場所だ・・・県道を中心に9ヶ所で通行止めなどの被害が出ているらしい、行きつけの宇目の林道が気になるところ・・・
田園風景 コメント:2 トラックバック:0

幽谷

2006/08/18(Fri) 17:31
yuukoku.jpg
スパイク付きブーツを履いて渓谷を遡ってみた。しばらくすると眼前に光を浴びた小滝が現れた・・・「わたしを撮りなさい」と主張しているかのようだった。靄の持つ柔らかさと水の動感とが一体となり幻想的・・・マイナスイオンを含んだ環境が心身をリラックスさせてくれる・・・・


台風10号はまだ九州に居座っているのかな?扇風機でいうとちょうど「中」くらいの風で今日は過ごしやすかったのである。いやあ・・・今日は昼間よく眠れたなあ・・・台風大歓迎なのである・・・
渓谷 コメント:10 トラックバック:0

渓流

2006/08/17(Thu) 19:12
keiryuu159.jpg
夏が終わってしまわないうちにもう少し涼しい風景をUPしていきたいと思います。昔は盆が過ぎたら涼しくなっていたものだが・・・もうしばらくは残暑厳しいんだろうなあ・・・台風は高気圧に阻まれて迷走中とのこと。早く過ぎ去ってくれないとまた週末どこにも行けなくなってしまう・・・
渓谷 コメント:9 トラックバック:0

ママコナ

2006/08/16(Wed) 15:22
mamakona.jpg
雷恐怖症のため夏山登山をしなくなって久しいが、以前登っているときによく目についたのがこの花。ママコナという。漢字で書くと飯子菜、ごはん粒が二つ付いているように見えることからこの名が使われているらしい。

台風10号が九州に接近中とのこと、そんなに強くないので身構えるほどでもないのだが雨には警戒が必要かな・・・台風の影響であろうか朝からどんよりして湿度が高い、こんな事なら雨でも降ってくれたほうが過ごしやすいのに・・・盆休みも今日まで、今晩からは深夜勤、しばし眠れぬ夜との格闘の日々となります。ではまた・・・・
コメント:5 トラックバック:0

痕跡

2006/08/15(Tue) 20:21
konseki.jpg

砂の造形シリーズ今日で一旦一区切りつけましょう・・・また思い出したようにUPしますのでよろしく。
12日から盆休みとなっているのですが今年は忙しくてプライベートな時間がなかなかとれない・・・恒例行事で14日から実家に帰っていたのであるが今年は一泊しかできなかった。そういえば写真も最近撮ってないなあ・・・
コメント:2 トラックバック:0

創造

2006/08/13(Sun) 21:49
hatodu12.jpg

地球の始まりはこんな感じではなかったかなと思わせる?・・・ちょっとオーバーかな・・・畏怖の念を抱かせる風景

佐伯市蒲江町波当津海岸にて
コメント:8 トラックバック:0

抽象絵画

2006/08/12(Sat) 21:42
hatodu11.jpg

久しぶりに波当津海岸の砂の造形写真です。説明がないと「なんだこれ?」って感じ・・・今はさすがに海水浴シーズンのため撮影はムリですが(カメラもってうろうろしてるとなんか怪しい人に見られかねない)・・・・特異な砂浜ですね、こんな所、他にあるんでしょうかね?
コメント:8 トラックバック:1

秋のたより

2006/08/11(Fri) 15:35
秋のたよりっていうと少し早いのではないかって感じしますが久住高原や飯田高原となるとそうでもないのである。ヒゴタイが咲き始めたとの情報が入ってきたからである・・・瑠璃色をした球形の花で写真愛好家の中でも人気の高い花です。私の貧弱な知識の中では確か九州限定の希少種だったような気がしますが・・・本州以北の方は珍しいのではないかと思います。大分県ではヒゴタイ公園(正確にいうと熊本との境かな)が有名で8月の下旬に見ごろを迎えます。また撮影に行きますが今日は一足先にそのフォトジェニックな花をお届けしたいと思います。higotai2005.8.jpg

撮影  くじゅう野の花の郷 2005年8月
コメント:16 トラックバック:0

墨絵の世界

2006/08/10(Thu) 09:42
umerinndousumienosekai.jpg


久しぶりに宇目の雲海の写真です。今日はモノクロで・・・
雲海 コメント:6 トラックバック:0

猛暑

2006/08/09(Wed) 10:41
20060809100406.jpg
暑い・・・とにかく暑い、一年で今が一番暑い時期なのであろうか、体のことを考えれば一日中エアコンつけっ放しというわけにもいかないしね、大分県地方、昨日は37.5℃を記録したそうで体温の低い私にとってはこれが堪えるのだ。熱中症や夏バテ、皆さん大丈夫でしょうか・・・各人で対策講じていると思いますが頑張ってこの暑い夏乗り切りましょう・・・今日も昨日なみだ・・・記録更新となるのかなぁ・・・

自然 コメント:6 トラックバック:0

水の旋律

2006/08/08(Tue) 10:56
obiramoyoubi.jpg

水面の波紋と水底の模様が水の屈折作用で幻想的な色と形を描く

撮影 緒方町奥嶽川
渓谷 コメント:10 トラックバック:0

水のワルツ

2006/08/07(Mon) 11:00
tuyudama.jpg
個人研究の結果、この葉に付着する露玉が一番フォトジェニックではないかとの結論に達したのである。もちろん私のことだから何の葉っぱかはわからない・・・朝露が降りるのを予測して1時間半かけて秘密の場所へ行くのであるがそうするだけの価値はあると思っている。
自然 コメント:16 トラックバック:0

気になる木

2006/08/06(Sun) 13:51
20060806133829.jpg
飯田高原を車で走っていて飛び込んできた風景・・・なんとキレイに半分枯れてしまっている。こういう出会いが嬉しいんだなあ。

今晩からの深夜勤務に備えて今から仮眠とります。昼間、寝るというのはこの時期には挑戦となるんですねえ・・・仕方ないですねえ、家族の必要を顧みるため鞭打って頑張らねば。
自然 コメント:6 トラックバック:0

休息

2006/08/05(Sat) 18:09
昨日から阿蘇草千里の働く馬たちご紹介しています。今日は出番前の彼らを早朝から追ってみました。

ikoi2.jpg
出番前2時間くらいあるのでかなりリラックスしている。中にはいびきをかいて寝ているのもいる。


ikoi3.jpg
正面から・・・人馴れしているので穏やかである。まだちょっと眠いか?


ikoi4.jpg
背後からそっと・・・別に怪しい者ではございません・・・


ikoi.jpg
出番が近づくにつれそれぞれが持ち場に移動を始める・・・池に入って水を飲むシーンはとてもフォトジェニックなのだけどこの日は残念ながら撮れなかった。
生き物 コメント:12 トラックバック:0

解放の喜び

2006/08/04(Fri) 17:51
hakuba.jpg
阿蘇草千里の白馬、観光客を乗せ係りの人に手綱を引かれて草原を散歩・・・はやい話が・・・お仕事をしている馬たちですね・・・この日の夕方、仕事を終えた彼らが解放の喜びに浸って思い思いに過ごしているところをカメラで追ってみました。シンメトリーな構図になった瞬間を切り取ってみました。互いに労をねぎらっているというのか自由になった喜びというか・・・何かを感じ取りました。人間も動物も同じですね。
コメント:7 トラックバック:1

視覚にない世界

2006/08/03(Thu) 19:10
umerinndou29.jpg

7/28日撮影分(フィルム)現像仕上がったのでUPしてみました。絞り開放による逆光撮影で円形の光が視覚にない世界を浮かび上がらせました。
自然 コメント:9 トラックバック:0

エメラルドの泉

2006/08/02(Wed) 17:57
emerarudonoizumi.jpg
深緑の宝石のような色をした淵・・・ライトアップがその美しさを際立たせている・・・この深い淵どこまで続いているのだろうかと思わせるほど神秘的・・・異次元の世界だ・・・


inazumi.jpg
異次元の門

稲積水中鐘乳洞にて


自然 コメント:10 トラックバック:0

黄金の石瀑

2006/08/01(Tue) 18:17
20060801175811.jpg
稲積水中鐘乳洞は3億年前の古生代に形成され30万年前の阿蘇大噴火により水没し現在の形を形成、世界的にも珍しい水中鐘乳洞・・・洞内の温度は1年中16度に保たれ夏はお薦めのスポットである。

今日の写真は洞内最奥部の鐘乳石を撮ったもの。黄金の滝のような自然の造形美に感動を覚えた。以前は撮影禁止だったのだが支配人にお願いして撮らせてもらった。「今は誰でも携帯で撮られるからねえ・・・」というのが答えだった。
自然 コメント:10 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

イチヤン

Author:イチヤン
↓CLick!
人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ
にほんブログ村







TweetsWind

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。