野外手帖

2006 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

ダイモンジソウ

2006/10/31(Tue) 18:12
20061031173807.jpg

小積谷を歩いていると沢沿いの苔むした岩にへばりつくように咲いている花を見かける・・・ダイモンジソウ(大文字草)だ。この名は「大の字」に似ていることから付いたらしいのだがなるほど見れば納得してしまうのである・・・
スポンサーサイト
未分類 コメント:8 トラックバック:0

深まる秋

2006/10/30(Mon) 18:06
20061030175001.jpg

袖ダキ展望台より小積谷の樹海を俯瞰撮影、一番色づいているところを切り取っていますが全体としては見頃までもう少しといったところか・・・

本日、待望の九重夢大吊橋が正式オープンしました。長さ390m、高さ173mと国内ナンバーワンの規模を誇る・・・橋周辺はこれから紅葉の最盛期を迎えますので来月中旬くらいにレポートしたいと思います。こちらもお楽しみに・・・
山岳 コメント:12 トラックバック:0

クライマー

2006/10/29(Sun) 19:29
kuraima-.jpg


大崩山小積ダキ中央稜登攀中のクライマー

こんなところに人が・・・この写真よく見てください、3人のクライマー確認できたでしょうか?生涯自分には絶対できないだろうなあということがいくつかありますがこの世界はその一つでしょうね・・・この岩壁ほぼ垂直に近い高度も300m以上はありそうな一枚岩、最後まで見届けることはできなかったが無事に上まで行けたのであろうか・・・余計な心配までしてしまうのである。まあこんなところで進退窮まっても困るだろうけど・・・

今日は一日寝たり起きたりの繰り返しでした。筋肉痛に加えて吐き気を伴った頭痛のため・・・なんでこうなるのってかんじですね、こういうのを泣きっ面に蜂状態っていうんですかね(笑)また明日から現実に引き戻されますね、しばらくは仕事漬けになりますが自分に鞭打って頑張ります。それではまた・・・
山岳 コメント:10 トラックバック:0

天突く白肌

2006/10/28(Sat) 19:52
20061028192449.jpg

大崩山 袖ダキ展望台より見る下涌塚

万全の態勢で臨んだ大崩山登山だったが途中で両足のふくらはぎと腿が攣るというアクシデントに見舞われた。登山開始から1時間くらいが経過してから左足に違和感を覚えていたのだが無理したのがいけなかった。ついに両方とも攣ってしまったのだ。もうガチンガチン、まるで強烈な痛みを伴ったコンクリートの足のようだ・・・こうなったら一歩も歩けない、休憩をたくさんとりながらなんとか上の写真の袖ダキまで辿りついたのだがもうこれ以上は無理と判断、登頂を断念・・・下山した。

楽しみにしていた方々、申し訳ありません。私も悔しいです・・・秋山はこの日に賭けていましたので・・・そういうわけで写真もあまり撮っていませんので、少しですがこれからUPしていきますのでお付き合いお願いします。次の紅葉撮影は11月11日くらいになりそうです。その頃は渓谷くらいが見頃になっているかな・・・
山岳 コメント:14 トラックバック:0

錦秋

2006/10/27(Fri) 10:23
20061027100108.jpg

今日の一枚は中津市耶馬渓の代表的景勝地、一目八景です。超人気観光地のためシーズン中は大混雑、紅葉を見に来ているのか人を見に来ているのかわからなくなるほど・・・山から始まる紅葉鑑賞の締めを飾るのがだいだいこの辺りになりますね・・・今年は九酔渓の近くに日本一の吊橋が開通になるのでこちらと合わせて楽しみたいですね・・・

撮影 2005年11月12日 一目八景展望台にて


ずっと過去からの写真が続いてきました。あまり考えないで適当にUPしてきましたがいかがだったでしょうか・・・拙い写真にたくさんのコメントいただきありがとうございました。明日はいよいよ待ちに待った今年初の紅葉鑑賞登山で宮崎の大崩山に行ってきます。久しぶりに最新画像をお届けできるのも喜びです。天気も良さそうだし、体調も万全、あとは今日の夜勤はやく帰れることを祈って・・・・
紅葉 コメント:10 トラックバック:1

腐朽の美

2006/10/26(Thu) 09:57
hukyuunobi.jpg


昭和29年に閉山、今は廃液処理だけが行なわれている尾平鉱山近くの渓谷散策中に見つけた・・・岩に張り付いた落ち葉が印象的でその鮮やかな色合いと表情に感動を覚えた。廃液の成分(?)に溶解され土に帰る一歩手前、最後の輝きを放っているかのようだった。
自然 コメント:24 トラックバック:0

白い森へ

2006/10/25(Wed) 10:48
kirinotozanndou.jpg


霧の登山道

登山中に霧の歓迎を受けた・・・慌てて三脚をセット、超広角レンズを装着、アングルは下向きにして登山道を強調・・・たまにはこんな写真
もいいかな・・・
山岳 コメント:14 トラックバック:0

火口壁を彩る

2006/10/24(Tue) 09:28
oonabekonabe.jpg


九重山系三俣山大鍋小鍋の紅葉

九重山系で紅葉の名所のひとつ三俣山の大鍋小鍋をご紹介します。今年は今くらいが最盛期となっているらしい。ドウダンツツジの紅が美しい、三色紅葉とかで知られているが実際はそれ以上ですね・・・
山岳 コメント:16 トラックバック:0

出合橋

2006/10/23(Mon) 11:47
deaibasi.jpg
九州には日本全国の石橋の95%が存在しているという。その中で大分県は約600橋が現存していて日本一らしいのです。ここ清川町の奥嶽川にかかる出合橋は径間長(アーチの内から内の長さ)が25mと全国5位の規模だそうです。なんと驚くべきことに私がこの写真を撮ったところが実は全国1位を誇る轟橋の上なのです。(2連アーチの長さ68m、高さ27m)どちらも現在、生活道路として使われているというのも面白いですね・・・


もう一枚近くで見つけたレトロな看板をUPします。ねんねこ女の子で有名なカクイわたの看板です。こちらは文字バージョン・・・看板マニアの間では人気が高いそうですね。皆さんのところではまだ見かけますか?昭和の時代から時間が止まっているようです。
kakuiwata.jpg

人工物 コメント:6 トラックバック:0

残念!無念!

2006/10/22(Sun) 15:23
今日の気持ちをタイトルに込めてみました。昨夜は福岡から帰宅、ぼろぼろに疲れ、いつ寝たか記憶がないほど爆睡・・・今朝は午前4時に目覚ましの音で飛び起きる。予定通り宮崎の大崩山に向かう・・・しかし登山口直前で雨となる。家に確認の連絡をとるとどうやら午後より雨の予報という・・・いや~予想もしていなかったのである、昨夜は満天の星空だったのに・・・しかたがないのでそのまま引き返す。家に帰って横になってボーとしていると10時くらいからか回復の兆しが見え始めたので妻を連れて尾平まで(祖母山の登山口)ドライブに・・・目的はサンキライの実探しと尾平峠の紅葉の進み具合の確認。まあそんな一日でしたね、ちょっともったいない時間の使い方でした・・・選択の誤りでしたかね?九重方面にしとけばよかったかな・・・大崩山登山は次の休み28日に再挑戦です。今度こそうまくいきますように・・・



sannkirai.jpg
今日の収穫はこれだけでした。高枝切りバサミを持参して張り切って行ったのに・・・サンキライ(こちらではサンキレイといいます)の実、なかなかいいでしょう?リースにしてもいいし、部屋のインテリアにも・・・買えばこれだけで1000円くらいするんじゃないかな?山で探せばタダ(笑)色は褪せてくるけど何年も持つしね・・・


20061022obira.jpg
尾平峠付近(1300m付近)の現在の紅葉の様子です。だいぶ色づいてきました。このあたりで見頃は28、9日頃になるかな・・・
未分類 コメント:16 トラックバック:0

最後の燃焼

2006/10/20(Fri) 20:32
saigononennsyou.jpg

大分県緒方町川上渓谷 11月上旬
滝の落ち口で水流が巻き込むような所でよく見られる落ち葉の舞ですね、長時間露光をかけて写すと円周を描く星の軌跡とよく似た表現ができます。この面白さに取り付かれるとなかなかやめられないんですね、秋の渓谷のひとつの楽しみでもあります。この写真はいつものようにフィルムをスキャナーでデジタル化しているのですがレタッチに関心のある方は日本フォトコンテスト2004年5月号168~169ページをご覧ください。私の写真がモデルになっております。

明日は家の用事で福岡行きです。朝早いのでそろそろ休みたいと思います。帰りは夜遅くになりそうなので更新はどうなるかわかりません・・・明後日の22日は今年初の紅葉登山を予定しております。二つくらいに絞り込んできましたので明日最終決定をしたいと思います。ん~苦しい選択だなあ・・・・ではまた・・・
紅葉 コメント:12 トラックバック:0

躍動

2006/10/19(Thu) 21:33
yakudou.jpg


逞しい樹木をシルエットにして生命力や躍動感、鮮やかさを表現してみました。

朝地町用作公園 2005年11月23日撮影


22日が近づいております。今年初の紅葉鑑賞登山を予定しているのですがいまだに山域が決まらないでいる・・・九重か祖母傾か大崩か・・・情報集めているのだが決め手がないのである。山に関しては22日と28日の2回になりそうだからベストなところを慎重に選びたいのだが・・・
紅葉 コメント:18 トラックバック:0

優美

2006/10/18(Wed) 21:06
siratakikouyou.jpg

宮崎県五ヶ瀬町白滝

新緑の時期に一度UPしたのですけど紅葉で見るほうがポピュラーなのかな・・・撮影は11月上旬、これからですね・・・午前中は陽が差し込まないので撮影は午後からのほうが望ましいですね、山の紅葉楽しんだあとは滝めぐりもいいかも・・・
コメント:12 トラックバック:0

小積ダキ秋景

2006/10/17(Tue) 19:22
20061017190047.jpg


宮崎県大崩山小積ダキ(祝子川渓谷渡渉点から撮影)

九州の山岳の中では一番お気に入りの山です。原生林の中から突き出た特異な花崗岩峰の素晴らしさは何度見ても見飽きることがありません・・・今日はその中の一つを紹介しています。この岩峰で400mくらいの高さあったんじゃないかな・・・まるでマッターホルン・・・
山岳 コメント:14 トラックバック:0

虫食いの彩

2006/10/16(Mon) 20:02
musikuinosai.jpg


昨年、川上渓谷で撮った一枚です。数年前から虫食いで痛んだ紅葉に美を感じ、色合い、形のよいものをあちこちで探し回っています。可能ならライティングは透過光を選んで撮影したいですね・・・
紅葉 コメント:12 トラックバック:0

2006大分県美術展・写真展

2006/10/15(Sun) 21:27
今日は県美展の写真鑑賞に県立芸術会館まで行ってきた。今年は招待、会員の部に387作品、一般の部に244作品の計631点が展示されていた。審査に当たった写真評論家、飯沢耕太郎さん(東京都)の審査評を以下に紹介します。

総評
会員、一般とも上位の作品のレベルは非常に高い。会員はなれているせいかテーマが弱い。一般は伸び伸びしていて面白い。自分で自分のテーマを決めてそのテーマを出すためにはどうするかが大切。今後、若い世代をどう取り込んでいくかが課題だろう。

20061015210519.jpg
一番左の作品が今回の最高賞に当たるOG賞受賞作品、「幻想的な世界を作りだそうとする意図がはっきり出た。背景の古文書の雰囲気が作品に合っている」個評

20061015211039.jpg
一般の部の上位作品


20061015211222.jpg



20061015211310.jpg



20061015211400.jpg
最後に個人的に気になった作品を一枚、全作品の中でクモの巣をモチーフにしたのはこれだけだったような気がするが素晴らしいプリントの仕上がりであった。写真にも流行というのがあってクモ(主人)が画面に入ってないといくら素晴らしい出来であっても入賞は難しいらしい・・・いろいろあるのだ・・・ほとんど素通りの中、この作品の前で私の足は1分ほど止まったのである・・・・
未分類 コメント:6 トラックバック:0

御池紅葉

2006/10/14(Sat) 21:05
20061014203949.jpg

撮影 2003年10月14日 九重山系大船山御池

3年前の撮影です。九州で一番はやく紅葉が始まる場所です。大船山、九州本土(屋久島を除く)では第2位の高峰1787mの直下にある池ですね。この日は曇天、白いだけの単調な空をカットし彩り豊かな紅葉と水面だけで構成してみた。水面への映りこみを期待したが叶わなかった・・・歩いて4時間の山岳、登るだけでも大変なコース、そう贅沢も言ってられないであろう・・・今年は20日前後でピークを迎えそうとの情報が入ってきた。いよいよ九州でも紅葉のシーズンとなりました。


山岳 コメント:4 トラックバック:0

彩りの大地

2006/10/13(Fri) 21:22
irodorinodaichi.jpg


城山展望所(748m)から見る阿蘇平野、前に一度UPしたのだが10月に入って彩りがさらに増し加わってきた。パッチワーク作品のようだ・・・

というわけで5日間にわたるお付き合いありがとうございました。明日からは紅葉を中心に過去の撮り溜めた中からのUPとなりますのでよろしくお願いします。(21日までの予定)

田園風景 コメント:10 トラックバック:0

阿蘇に生きる

2006/10/12(Thu) 20:33
uma2.jpg


阿蘇登山道路沿いに広がる牧場、至るところで牛馬が放牧されている。車で走っていると「この道路は牛馬優先です」の看板が目立つ。ここでは彼らのほうが人間よりエライのである・・・ほのぼのとした風景、ゆったりと時間が流れる牧歌的景観、いつまでも眺めていたい気分である。
生き物 コメント:21 トラックバック:0

白銀の穂波

2006/10/11(Wed) 21:07
hakuginnnohonami.jpg


すすきの穂が逆光に映えて杵島岳山麓は一面の海・・・阿蘇登山道路での撮影なので困難を極める。車の流れが途切れたところでカメラを三脚ごと担いで道路の真ん中に移動し撮影・・・車が来たら走って戻る・・・その繰り返しだ・・・自分でもむちゃくちゃやってると思う。これだけのものを目の前で見せられたらじっとしていられない。西向きの斜面なので今度は夕日を浴びるすすきも狙って見たいと思う。
自然 コメント:10 トラックバック:0

大群

2006/10/10(Tue) 20:45
urokogumoebosi.jpg


草千里ヶ浜における華麗なるショーのあと、一息入れる間もなく南の空には絵に書いたようなウロコ雲が広がっていた。烏帽子岳の頂を入れて
撮影。
自然 コメント:10 トラックバック:0

阿蘇暁光

2006/10/09(Mon) 14:29
20061009135320.jpg


午前3時半起床、4時出発・・・阿蘇に向かった。国道57号線で九州横断、竹田ドライブインを過ぎた辺りで気温5℃を示している。阿蘇山上はそれより3℃くらいは低いだろう・・・身が引き締まる。滝室坂にさしかかる頃、今朝の阿蘇盆地は雲海が発生していないのを確認、阿蘇の町が宝石箱のように綺麗だ。撮影はパスして先を急ぐ・・・阿蘇道路に入り高度を徐々に上げていく。月があまりに綺麗だったのでちょっと寄り道して写真数枚撮影・・・草千里到着5時30分。朝焼けが始まっている・・・急いで機材一式かかえて撮影場所へダッシュ、すでに先客6名ほどがスタンバイしている。仲間に入れてもらって準備完了だ。5時45分空の秋雲が染まり始める・・・5分後、草千里の池に映りこんできた・・・今だ!!一斉にカメラマンたちのシャッター音が静寂を突き破る。この時、日の出前約20分・・・見事だ!「よし!」心の中で叫んだ。露出をややアンダーに補正し色調に深みを持たせた。感動的な朝であった・・・

山岳 コメント:36 トラックバック:0

収穫のあと

2006/10/08(Sun) 16:07
kakebosi.jpg


秋の風物詩として知られる稲の掛け干し、お米を美味しく仕上げるには天日での自然乾燥が大切ですね・・・収穫作業もぼちぼち始まったようです。(竹田市にて)

久住町では昨日から久住高原祭りが開かれていて今晩はなんと花火大会が行なわれるという・・・私の記憶だとおそらく過去にそんな催しはなかったようにあるが九重連山をバックに打ちあげられる花火というのはどんなもんなんだろう。写真愛好家がたくさん集まりそうであるなぁ
。残念ながら私用のため夜は出かけられない。何れ県美展なんかで発表されるだろうから人のを見て楽しむしかないな・・・・

さて連休最終日の明日は阿蘇山(草千里)の早朝撮影に行ってみようと思う。本当は秋山本番に備えて足慣らしに軽く登山でもしたらいいんだろうけど、今一右膝の調子が思わしくないのである。ついこの前左膝が治ったばかりだというのに・・・どうやら知らず知らずのうちに左足を庇っていたみたいですね。ではまた明日・・・・・
田園風景 コメント:13 トラックバック:0

風の波

2006/10/07(Sat) 13:00
今朝の瀬の本高原

kiseki45.jpg


近くの黒川温泉道路には12℃と表示されていた。しかも強風、立っていると少しよろけるくらいのものだ。風の動きに合わせススキがダンスをする様が視覚的にもフォトジェニックである。こんなのを眺めていると無性にカメラで捉えてみたくなるのである。買ったばかりのkiss xにEF28-135とPLを装着、試し撮りだ。もちろんこんな強風のときは頑丈な三脚ハスキー3段を使用(プロが愛用するのも頷ける、ほんとに優れものだ)F32にまで絞りこんでPL最大限に聞かせてシャッターは2秒となった。風の軌跡、表現できたであろうか・・・

ところで今朝、行ってきましたよ・・・小国コスモス村。台風13号の影響受けまくり状態でした。撮影どころの話じゃない・・・可哀そうなくらい見るも無残。1週間前にも下見に来たという夫婦も全然変わっていないと言っていた。あと1週くらいで回復するのかねえ・・・帰りにヒゴタイ公園のコスモスはどんなもんだろうと寄ってみたのだが、なんとこちらのほうがひどいではないか!というか花がないのだ。回復どころの話じゃない・・・今思えばラベンダー園のコスモスが今年は一番良かったのかなぁ・・・という気がしてきたのである。軽く考えていたが台風、意外と侮れないのであるなあ・・・皆さんのところではいかがでしたか・・・
自然 コメント:6 トラックバック:0

霧に包まれて

2006/10/06(Fri) 09:23
zyurinnkoubou.jpg

苦しい時の林道頼みですね(笑)自然が奏でるドラマチックな演出の中で雲や霧の果たす役割は大きい・・・同一の場所に通い続ける大切さを学びます。

明日は熊本の小国コスモス村を中心に周ってみようと思うが情報によると見頃はやはり中旬になりそうです。22日まで休みがとれそうにないので取りあえず行ってきますね・・・天気も良さそうだし・・・今晩仕事が終わるのが深夜になるのでそのまま現地に飛んで車中泊で夜明けを待つことになるかな?一旦、家に帰って寝てたらまた寝過ごす可能性があるからなぁ・・・
自然 コメント:16 トラックバック:0

高原に舞う

2006/10/05(Thu) 10:23
higotaikouennkosumosu2.jpg

キャノンEOS5.FF28~135ミリ.F22.オート(10秒)CPL.ベルビア100

たまには撮影データを載せるのもいいかなと思って・・・
昨日とは反対に上から下、つまり南向きに撮っています。背景は阿蘇山群、冷たい風が吹き抜ける早朝、シャッタースピードを遅くしてコスモスをぶらしてみました。

2005年10月17日 ヒゴタイ公園にて

コメント:10 トラックバック:0

ヒゴタイ公園に咲く

2006/10/04(Wed) 09:37
higotaikouenn.jpg

撮影は昨年の10月17日、ヒゴタイ公園のコスモスです。久住高原ですね、家から一番近い名所です。(それでも1時間はかかりますが)北に向けて撮っているので花の表情がわかるかと思います。背景は九重山系の扇ヶ鼻、ミヤマキリシマで有名な山です。週末は3連休になりますので様子見てきます。今年は小国のコスモス村にも行けそうだな、中旬が目安だからこちらもおさえておきたいな・・・
コメント:14 トラックバック:0

霧木立

2006/10/03(Tue) 09:15
kirikodachi.jpg

佐伯市宇目 緑資源幹線林道にて 撮影 2006年10月2日
自然 コメント:10 トラックバック:0

松林霧景

2006/10/02(Mon) 09:11
rinndoumatubayasimukei.jpg

[2006年10月2日]

今朝の宇目林道の風景です。雨あがりで劇的な風景を期待して出かけたのですが雲海は空振りでした。霧がないこともなかったので奥の松林のほうへ移動し、しばし撮影を楽しみました。
自然 コメント:12 トラックバック:0

雲海に浮かぶ

2006/10/01(Sun) 23:08
unnkainiukabu.jpg
久住山山頂付近から見た祖母傾主稜線
今日も一日何かと忙しい一日であったのである。どうにかパソコンの前に座ることができた・・・こんな拙い写真に毎日コメントいただいてほんとに有難いのであります。そういえば皆さんのところへの書き込みも最近怠っているなあ・・・努力します・・・
さて本日より10月です。おそらく紅葉が中心になるかと思います。過去の作品から最新のものまで織り交ぜてUPしていきますのでよろしく・・・
午後、大分に行った序でにCanon Eos Kiss digital X 本体のみですが購入してきました。値切りに値切って税込み8万円、お買い得だったのではないかと思います。まだ箱も開けていませんがこれからフィルムカメラのサブ機の一台として活躍してくれるのではないかと期待しております・・・これがメインになったりして・・・
山岳 コメント:10 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

イチヤン

Author:イチヤン
↓CLick!
人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ
にほんブログ村







TweetsWind

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。